LTS verfügt über innovative Technologien

革新的な経皮吸収テクノロジーを提供

革新的な経皮吸収テクノロジーを提供2018-11-22T19:50:09+00:00

LTSの研究と開発は、選択的薬剤送達システムの潜在力を補い拡げるための2つの新しいテクノロジーに焦点を合わせています。LTS TTSおよびLTS OTFテクノロジーの永続的な更なる開発に加えて、同時に革新的な極微針と「能動的LTS TTS」テクノロジーを開発しています。

受動拡散により活性物質を放出する受動パッチは、比較的小分子で脂溶性の活性物質に限られています。何故ならこれらのみが、治療に関連する量で皮膚を透過することが可能だからです。そのためペプチド、タンパク質、そしてワクチンなどのような、より大きな分子からなる活性物質は、このように投与することは出来ません。しかし、しばしばバイオテクノロジーで作られたこうした新しい薬剤は、今までは十分に対応することができなかった疾患(主に癌など)の治療に関して大きな潜在能力があります。

LTS極微針を用いた無痛注射

LTS極微針は、皮膚の外層を貫通するには長さが十分にしても、神経や血管に触るまで長くありません。この極微針は、より大きな分子からなる活性物質を皮下に注入するために用いられ、その大半が無痛性です。極微針は皮膚の最外層に微小な孔を造り、その孔により吸収される活性物質の割合が有意に増加します。

現在LTSは、違う素材で作られ、広範囲の用途に対応した異なるゲージ、デザイン、そしてサイズの複数の異なった極微針について研究しています。

能動パッチ

経皮吸収治療システムを適用する機会を増やすための別の方法は、例えばイオン導入による能動システムの使用です。このシステムには、皮膚を通して非常に低い電流を流す作業が含まれ、これにより電荷を帯びた分子が輸送されます。イオン導入パッチは、マイクロプロセッサーやバッテリーから成る一つのユニット、活性物質がある電極、活性物質ない電極とパッチの他の構成物質が構成されます。これは活性物質が吸収される割合は、電流によりコントロールできることを意味し、その電流自体はマイクロプロセッサーで正確にコントロール可能です。

イオン導入により、電荷を帯びた分子も含め、自身の固有の性質のせいで受動システムに適していない物質を、経皮的に吸収することが可能になります。LTSは、革新的な薬剤送達形式や最新のコンセプトを採用することにより、ようやく良好な保存安定性を達成しました。こうしてこのテクノロジーにより、広範囲にわたる潜在的な用途での提供が可能になりました。

Privacy  Imprint

This website uses cookies to analyse website accesses/marketing measures. If you continue to use this website, you agree to our use of cookies. Information about cookies and your right to object.
Ok