新しい調合薬の開発は、長期にわたる複雑なプロセスであり、非常に有望な活性物質のすべてが最終的に効果のある薬剤になるわけではありません。これはしばしば開発者が錠剤、カプセル、あるいは溶剤の開発しか考えないためですが、LTSは選択的で革新的なアプローチを提供します。

経皮吸収治療システム(TTS)と経口フィルム製剤(OTF)により、LTSは幾つかの革新的薬剤送達システムを創り上げました。当社は、必要とされる御社の活性物質と、患者様の生活をより快適にする最先端の応用を結び付けます。これがLTS-TTSやLTS-OTFなどのような代替的送達システムも同様に考慮すべき理由です。

とりわけ臨床試験では、しばしば活性物質は、錠剤、カプセル、あるいは溶剤は様々な理由により適用できないという事実の結果として、あるいは必要とされる生物学的利用率を得られないために失敗します。

試験は、送達システムが想定される治療の成功を達成できないという事実が判明する前に、第二相試験に到達します。この時点で多くの試験は中止され、ファイルキャビネットの奥へと消えます。期待されていた活性物質を患者様にお届けすることができません。

研究者が代替的な送達システムをも考慮すべきなのは、遅くともこの時点であり、こうした場合に、経皮吸収治療システム(TTS)や経口フィルム製剤(OTF)なら、幅広く新しい機会を開拓することが可能です。