Wir verbinden Ihre Wirkstoffe mit modernen Darreichungsformen.

革新的ソリューションを提供

革新的ソリューションを提供2018-11-22T19:53:47+00:00

新しい調合薬の開発は、長期にわたる複雑なプロセスであり、非常に有望な活性物質のすべてが最終的に効果のある薬剤になるわけではありません。これはしばしば開発者が錠剤、カプセル、あるいは溶剤の開発しか考えないためですが、LTSは選択的で革新的なアプローチを提供します。

経皮吸収治療システム(TTS)と経口フィルム製剤(OTF)により、LTSは幾つかの革新的薬剤送達システムを創り上げました。当社は、必要とされる御社の活性物質と、患者様の生活をより快適にする最先端の応用を結び付けます。これがLTS-TTSやLTS-OTFなどのような代替的送達システムも同様に考慮すべき理由です。

とりわけ臨床試験では、しばしば活性物質は、錠剤、カプセル、あるいは溶剤は様々な理由により適用できないという事実の結果として、あるいは必要とされる生物学的利用率を得られないために失敗します。

試験は、送達システムが想定される治療の成功を達成できないという事実が判明する前に、第二相試験に到達します。この時点で多くの試験は中止され、ファイルキャビネットの奥へと消えます。期待されていた活性物質を患者様にお届けすることができません。

研究者が代替的な送達システムをも考慮すべきなのは、遅くともこの時点であり、こうした場合に、経皮吸収治療システム(TTS)や経口フィルム製剤(OTF)なら、幅広く新しい機会を開拓することが可能です。

臨床試験(第一相から第四相)の統合サービスプロバイダーであるCRS

活性成分の高度に革新的な投与形式の開発と製造に加えて、LTS社のメンバーである受託研究機関CRSにより提供されるサービスを通して、製品の臨床開発において企業様をサポートすることが可能です。1990年代初期からCRS Clinical Research Services Andernach GmbHとその元会社は、LTSのクライアント様が臨床研究活動を加速し改善するお手伝いをしてきました。

CRSは、製薬会社、バイオテクノロジー企業、医療機器会社など幅広い業界で、臨床試験(第一相から第四相)における統括サービスプロバイダーとして働いてきた約40年にわたる経験があり、年間に50~80回の臨床試験を実現しています。

CRSの専門分野の1つは、経皮吸収や経粘膜吸収の薬剤送達などのような特殊なルートの医薬品を用いた臨床試験を行うことです。患者様と同様に健康被験者を対象とする試験の大多数は、治験施設を含む社内で行われます。今日CRSは、ドイツ国内に300床を有する6治験施設を含む8拠点、また臨床開発や周辺サービス(コンサルタント業務、プロジェクト管理、モニタリング、臨床試験供給 管理、生物学的分析、臨床データ管理、バイオメトリクス、そしてメディカルライティングなどのような)のための中心拠点に代表されます。

詳細は、CRSのウェブサイトをご覧ください。!

Privacy  Imprint

This website uses cookies to analyse website accesses/marketing measures. If you continue to use this website, you agree to our use of cookies. Information about cookies and your right to object.
Ok